読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

チラシルを使って、半額で食材を買う

節約 おすすめアプリ IT
スポンサーリンク
概要
  • チラシルは便利
  • チラシルは節約に役立つ
  • ゲームとかじゃなくて、こういう普通に役立つアプリが増えるといいよね


最近、「チラシル」というアプリを使うようになりました。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 (関東版) チラシル -チラシ比較&特売情報

(関東版)チラシル -チラシ比較&特売情報 - Google Play の Android アプリ

簡単に言えば、スーパーのチラシがまとめてスマートフォンで見られるアプリです。例えば僕の場合、近所のマルエツ、ライフ、肉のハナマサなどの特売情報をこのアプリで見ています。言葉で書いただけだと分かりにくいと思うので、実際にアプリの画像を↓に貼ります。

f:id:zentoo:20141027070427p:plain

僕はほうれん草のおひたしが好きでよく作るのですが、チラシルを使う前は近所の24時間営業のミニスーパーで198円のほうれん草を買っていました。上記の画像にもありますがマルエツで買えば98円で、なんと半額です。

日々の支出を減らす際に、外食を減らして自炊を行うのは基本中の基本だと思うのですが、せっかく自炊して食費を安く上げるなら食材自体も安いものを買って済ませたいものです。

チラシルを使うと、以下の様に効率的な買い物ができます。

  1. 会社から電車で家に帰る際(または帰る前)に、夕食を作ることを決める
  2. 最寄り駅付近になったら、チラシルを使って当日の特売情報を見て、メニューを決める
  3. 特売情報にあったスーパーを選んで、帰り道のついでに買いに行く
  4. 夕食を作る

これがもし「家に帰って紙のチラシを逐一チェックして、それから買いに行く」だったら、とても会社帰りには面倒くさくてやっていられません。会社に行く前にチェックしておく、というのもずぼらな僕には無理そうです。

僕は職業柄スマートフォンのアプリを見ても感心することが少ないのですが、チラシルについては「これは普通に便利で、評価されるべきアプリだ」と素直に思いました。

スマートフォンをターゲットにしたアプリやサービスはゲームやニュースなど役に立たない割にはユーザの時間を浪費するものばかりが注目されがちですが、こういった本当の意味で人の役に立つアプリが評価され、それによって順当な利益が得られるような世の中になるといいなと思います。