読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

サムスン減益のニュースに見る、スマートフォンのコモディティ化について。iPhoneの時代もそろそろ終わりか?

スポンサーリンク

少し前のニュースですが、Galaxyシリーズなどで有名な韓国のサムスン電子が、6割と大幅な減益を発表しています。

同社の株式を直接所有しているわけではないのですが、積立を行っている新興国株式のインデックス投信の上位組入銘柄なので少しだけ気になるところではあります。

その大きな理由としてスマートフォンの「コモディティ化」を挙げているニュースメディアが多いようです。

Samsungもコモディティー化による「死の価格レース」に巻き込まれている - TechCrunch

「コモディティ化」という言葉を使うとなんだか難しく聞こえますが、どれを買っても大して変わらないような状況では消費者は安いものを選ぶので、同じようなものしか作れないような企業はどんどん価格競争に陥らざるを得ない、ということです。

サムスンはハードウェアからソフトウェアまでを一気通貫で製造しているわけではなく、ソフトウェアでも基板となるOSについてはGoogleがメインで開発しているAndroidをメインに採用しています。そのため何でも自分の自由に出来るAppleと違い、付加価値の高い製品を作ることが難しいと言われています。

付加価値を出せていないという意味では日本の携帯端末メーカーも同じです。彼らはAndroidの上に誰にも嬉しくない独自アプリやカスタマイズを入れたり、カメラの画素数がどうの、端末の形状がどうのといったガラケーの時と同じような細かい差別化を行っているだけで、何一つ新しいものを生み出せていません。

そういった状況では、大本のOSとアプリマーケットを握っているGoogleが一人勝ちし、単なる端末メーカーに過ぎない企業が国内外を問わず苦境に立たされるのは当然のこととも言えます。

Appleだけは別格とも読める書き方をしましたが、僕個人の感想としてはiPhoneも徐々にコモディティ化の波に飲まれつつあるように思えます。

一番最初に「これはAppleの出すべき製品ではないな」と思ったのは、廉価版として発売されたiPhone 5cです。iPhone6には同様の低価格ラインナップはありませんが、会社の同僚に触らせてもらったところiPhone6そのものがこれまでのiPhoneと比べると安っぽく、Appleのブランドを感じさせない製品になっていると感じました。

曲がるの曲がらないのみたいなことはどうでもいいのですが、そのブランド力を源泉にして高価なハードウェアから利益を出すiPhoneにとっては製品そのもののクオリティとそれに伴ったブランドイメージの低下は命取りです。

ソフトウェアの観点からも、新しく出荷されたiOS8にはずさんなバグが多いように思えます。ハードウェア・ソフトウェアの両面においてクオリティが下がっているな、というのがいちエンジニアとしての僕のiPhoneに対する感想です。

クオリティが下がりつつあるiPhone/iOSに対して、最近のAndroid端末にはNexus5を始めとしてiPhoneより廉価かつ遜色ない出来の製品が増えつつあります。これも、僕がiPhoneもコモディティ化の波に飲まれつつあるのではないか、と思う理由の一つです。

ただし、仮にiPhoneの利益率が下がろうともAppleにはiTunesを始めとした強力なサービスや、新CEOであるティム・クックの主導の下に作られたApple Watch、Apple Payなどの新製品が控えており、単なるいち端末メーカーとは底力が全然違います。なので、仮にiPhoneの時代が終わったとしても、Appleの時代そのものが終わるのはまだ先かと思われます。