読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

個人でiPhoneアプリやAndroidアプリを開発して儲かるのか?現役エンジニアが答えてみた

IT
スポンサーリンク
概要
  • 個人でアプリを出しても簡単には儲からない。
  • それでも作ってみたいなら、収益化の方法はしっかり検討しよう。
  • おすすめは無料 + 広告モデル。


答えは、「一部の人はすごく儲かってると思うけど、その辺の人がなんとなく作っても儲からない」です。

そんなこと言われなくても分かってるわ!という人の方が多いかと思いますが、iPhoneアプリやAndroidアプリについては高いお金を取って作り方を教えるスクールもあるようなので、一攫千金を夢見てそういうスクールに大金を払い込んだりする人がいないように、と思い記事にしました。

「儲かっている人がいるじゃないか」という反論もありそうですが、こういうのは起業と同じで、儲かった人のエピソードは出てきても儲からなかった人の話はあまり出てこないものです。まあ、「やってみたけどあまり儲からなかった」っていうのは少し恥ずかしいし、あまり大っぴらに書きたいことでもないですしね。

個人的な話

僕はiPhoneで無料 + アプリ内課金モデルのアプリを1つ、Androidで無料 + 広告モデルのアプリを10個くらい作ったことがありますが、現状あまり儲かっていません。

特にiPhoneの方については、アプリをリリースした直後にニュースサイトに取り上げられた結果として2万円ほど儲かっただけで、一回App Storeのランキングに載らなくなってしまってからは全然です。(まあ、全然メンテせず放置しているのも関係あるとは思いますが...)

Androidについては広告の収益が月1万円くらいまで行っていた時もあるのですが、最近ではせいぜい月に2000円くらいでしょうか。ないよりマシという程度です。規模としては、10個のアプリのうち数千ダウンロードいったものが3つ4つ、という感じです。

アプリの収益化のモデルについて

個人でアプリを作る場合でも、どういった収益モデルにするかはきっちり考えてから作る必要があるでしょう。

個人的なおすすめはやはり無料+広告モデルのアプリかな、と思います。理由は、

  • アプリ内での課金機能は作るのがめんどくさい
  • 有料アプリは中々ダウンロード数が伸びない
  • 一回こっきりの有料アプリより、広告の方が継続的に収益を得られる

といったところでしょうか。

広告のクリックを狙う場合は、「とにかく毎日、あわよくば一日に何度もアプリを起動してもらうこと」が重要だと思っています。

収益がお小遣い程度に留まっても、スキルが身につくならOK!という人はトライしてみてもいいかもしれませんね。