読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

投資信託は「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」のどちらがおすすめか

スポンサーリンク
概要
  • ヘッジありとヘッジなしの違いは、為替変動に影響を受けるかどうか
  • 外貨預金を兼ねて海外の株式のインデックス等を買うなら、為替ヘッジなしがおすすめ


外国株式や外国債券に投資するファンドには、「為替ヘッジあり」というタイプと「為替ヘッジなし」というタイプがあります。

そもそも投資信託と為替に何の関係があるの?という話ですが、外国の株式や債券は、基本的にその国の通貨でしか買うことができません。そのため、僕達が証券会社の口座で日本円を使って投資信託を購入している場合でも、実際に投資信託会社が株式や債券を買う際には外貨建てになっています。

外貨建てであるということは、外貨預金と同様に為替変動の影響を受けるということです。例えば今はドルに対して円安ですが、その分アメリカの株式に投資するようなファンド (= ドル建てで株式を保持しているファンド) の評価額はその効果で上がっています。逆に今後円高が進めば、同ファンドの評価額はその分下がります。

このように為替変動の影響を受けてしまうのが望ましくない場合は「為替ヘッジあり」という投資信託を選ぶことになります。

わからない言葉がいっぱい!(「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の違いは?) - ふくろう教授の投資信託ゼミナール

逆に、別に為替変動の影響を受けても構わない、という場合は「為替ヘッジなし」の投資信託でもよいということになります。

純粋に値上がりだけを期待して投資信託を買うなら、為替に影響を受けない「為替ヘッジあり」の方が良い場合もあるかもしれません。

逆に、外貨預金による通貨間のリスク・ヘッジも行った上で投資信託を持ちたい、という場合には「為替ヘッジなし」の投資信託を選んだほうが良いでしょう。

僕自身は、為替ヘッジなしの投資信託のみで運用しています。理由は上記の通りです。

こんな記事もどうぞ