エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

はてなブログの独自ドメイン移行には、Google Webマスターツールの「アドレスの変更」は使えません

スポンサーリンク
概要
  • はてなブログから独自ドメインに移行する際に「アドレスの変更」は使えない。
  • 理由は、hatenablog.comなどの親ドメインははてなが所有しているものだから。
  • 独自ドメインを設定するなら早いうちが良い。


独自ドメインを取得し、はてなブログのドメインから移行しました - エンジニアが株式投資と副業でセミリタイアを目指すブログ

上の記事にもあるように、僕はこのブログを11/09にはてなブログのドメイン (engineerinvestment.hatenablog.com) 独自ドメイン (blog.engineermoney.jp) に移行しました。

どうせなら過去のドメインの検索順位やPageRankを引き継ぎたいと思い、Google Webマスターツールの「アドレスの変更」という機能についてGoogleのWebマスターツールのヘルプやフォーラムを調べてみたのですが...

ざっくり言うと、Google Webマスターツールを使って旧ドメインから新ドメインに「アドレスの変更」を行いたい場合、以下の条件を満たす必要があるとのこと。

  1. 対応する旧ページから新ページへのステータスコード301によるリダイレクトが行われていること
  2. Webマスターツールに新旧両方のドメインが登録されており、かつ両方のドメインについて、ルートレベルのドメインの所有権を持っている必要がある

1.の301によるリダイレクトについては、はてなブログの独自ドメイン機能を設定した時点で自動的に行われるようになるので問題ありません。

「ルートレベルのドメイン」が技術的に何を指しているのかは不明ですが、hatenablog.comやengineermoney.jp等のドメイン (not サブドメイン) だと思っておけばよさそうです。このブログの場合は、engineermoney.jpの所有権は僕にありますが、hatenablog.comの所有権は当然ながらはてなに属します。

つまり現状では、はてなブログの独自ドメイン機能を使った場合、Webマスターツールの「アドレス変更」は利用できない、ということです。

具体的には、「アドレス変更」をクリックしても以下のように「ルート レベルのドメインのみに制限」とだけ表示され何も出来ません。

f:id:zentoo:20141117092105p:plain

旧ドメインからのリダイレクト自体は行われているので、じきにGoogleのインデックスもblog.engineermoney.jpの方を向くとは思いますが…。

そういったわけで、もし独自ドメインを使う予定があるなら早めに設定した方がよいでしょう。