読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

近所のやよい軒とほっともっとの店舗改装に見る、企業の謎の投資活動

スポンサーリンク

ローカルな話題で申し訳ないのですが、去年から今年にかけて、近所の「やよい軒」と「ほっともっと」の店舗が改装工事を行っていました。

やよい軒は価格帯低めの外食、ほっともっとは弁当の販売ですが、どちらも従来の店舗がそれほど汚かったわけでもなく、妻と「なんで高いお金をかけて改装するのかよく分からないね」と話していました。

やよい軒にしてもほっともっとにしても、店内の雰囲気や綺麗さが売上に相関するような高級店ではありません。ピカピカの店内でなくとも、最低限の清潔さと衛生さえ保たれていればお客さんは入るでしょう。

もちろん見えない部分の老朽化などもあったのかも知れませんし、改装後の新しい店舗の方がきれいなのは間違いのないことです。が、それにしれもわざわざ改装するほどだったのか?という疑問は拭えません。

株式投資を念頭に置いて企業を見る場合、直近の業績はもちろん大事ですが、「その企業は、持っている資本をどのように投資しているか」も重要なファクターです。

あえて名指しはしませんが、僕だったら費用対効果のよくわからない店舗改装を行っている企業の株は買わないと思います。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

こんな記事もどうぞ

財務三表の読み方を理解するためのオススメ本 - エンジニアがお金について本気出して考えてみた。