読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

IPO投資についてのまとめ(2014年度版)

IPO 株式投資
スポンサーリンク

11月の後半から持っていた日本株をおおむね手仕舞いし、この12月のIPOラッシュに向けていくつかのネット証券に資金を分散してIPOの抽選に応募していました。

3つの証券会社から、のべ30社ほどのIPOに申し込んだわけですが、当選数は0でした。

もしかしたらワンチャンあるか?という甘い気持ちもありましたが、残念というよりは「つまらないな」という気分です。ある程度予想されていた結果ではあったのですが、やっぱり普通に申し込むだけでは全然当たらないんだな、と。

IPO投資とはそもそも何か

IPO投資についてはネット上にいくらでも情報源があるので、「IPO投資とはそもそも何か?」ということについてこのブログでくだくだ書くことはしません。興味がある人は、以下の様なサイトを参考に自分で調べて頂けるといいかと思います。

仮条件・初値の調べ方

IPO株について概要がわかったら、「仮条件(つまり証券会社経由で買う時の価格)と初値(売値)の今までの実績はどんな感じか?=当選したら本当に儲かるのか?」ということが気になると思いますが、その辺りの情報を調べるには以下のサイトが便利です。

【IPO初値結果一覧表】騰落率、損益、その後の値動きなどチェックに-96ut.com

全体の中に占める割合としては仮条件より初値の方が高く、当選した場合はどちらかと言えば儲かる確率が高いことが分かると思います。ものによっては3倍くらいの初値がついていますね。もっとも、当選すること自体が中々至難の業なのですが…

証券会社の選び方

当選確率を上げるためにどういう証券会社を選べばよいのか?ということについても沢山のサイトでおすすめ証券会社が紹介されており、その多くは証券会社への口座開設のアフィリエイトを狙ったサイトです。そういうサイトには大抵、「より多くの証券会社に口座を作って申し込むことで確率アップ!」みたいなことが書いてあります。

多くの証券会社に口座を作って申し込みをかければかけるほど当選確率が高まること自体は間違いのないことです。が、証券会社の口座開設は本人確認など中々面倒な手続きが多く、よっぽどヒマな人でない限りは簡単に10社も20社も口座開設できません。

また、口座を持てば持つほど管理のコストがあがり、資金も分散させなくてはなりません。単に数字の上では多くの証券会社に口座を開けば開くほど有利かもしれませんが、実際の運用・生活を考えるとちょっとそこまではな…と思います。せいぜい6社くらいに止めておくのが現実的ななのではないでしょうか。

証券会社ごとにIPO抽選の仕組みは異なるため、その辺りも考慮に入れて選んだ方が効率がよさそうです。最近見た中では、以下の記事が良心的な内容でした。

IPO投資で手軽に年間200万円の利益を得た方法 | 投資の教科書

また多くのサイトには書かれていないことですが、IPO抽選に申し込んだ際の資金の拘束のされ方は証券会社ごとに異なり、これは地味に重要だと思っています。

既に数千万の資金があるならともかく、普通の人はそこまで多くはない余剰資金(かつ、投資信託や株式を既に運用している人はそれらに投入している資金の余り)の中からIPO投資を行うわけで、現実的には複数の証券会社それぞれに潤沢な資金を投入できるわけではありません。

証券会社選びの話については別の記事でも書くと思います。

IPO投資でかんたんにお金は儲かるか?

そもそも証券会社に複数申し込む時点で結構めんどくさく、当選確率自体がかなり低いので「かんたんに儲ける方法」としてはIPO投資はおすすめできません。(そういうアピールをしているサイトは多いですが...)

またIPO投資は通常の株式投資と多少仕組みが異なるものの、買うものが新規上場銘柄であるというだけで株式投資の一種です。そのため投資先や売り買いなどのタイミングについては株式投資と同様の判断力が必要になるため、「かんたんなお金儲けの手段」としてIPO投資単品を行うのはやめた方がよいと思います。僕のおすすめは、株式投資をやりつつ余録として抽選に申し込んでおく方法です。

僕が利用している証券会社について

今回、11月-12月のIPO投資に利用した証券会社は以下の3つです。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • HS証券

応募できたIPO銘柄数も、上記と同じ順番でSBI > マネックス > HSでした。HS証券は抽選数そのものが結構少なかったです。

SBI証券は仮に落選した場合でも「IPOチャレンジポイント」が貰え、そのポイントをIPO抽選申し込み時に使って当選確率を上げることが出来ます。まだ使ったことはないのでどの程度の効果があるかは不明ですが、落選したら完全にゼロ、という他の2社よりはポイントの累積がある分がちょっと嬉しいです。ちなみに今回のラッシュで27Pゲットしました。

証券会社のホームページは一般的なイケてるサービスに比べるととても使いづらいものが多いのですが、SBI証券はその中でも比較的「マシ」であり、かつ書面のやり取りをせずネット上で行える手続きが他のネット証券に比べて多いので、IPO投資にちょっと興味があるので応募してみたい人、株式や投資信託への投資をとりあえず始めてみたい人にはおすすめの証券会社です。

(隠してもしょうがないので書いておくと、上記のリンクはアフィリエイトリンクです)

まとめ

IPO投資については、今後も書いていく予定です。簡単に儲かるよ!みたいな話ではなく、実際的な観点から書く予定。