読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

ブログ再開のついでに、株式投資の入門方法について

株式投資
スポンサーリンク

ブログは毎日書いてこそナンボだ!…みたいな意識高い系の記事を書いてはや数ヶ月。僕もすっかりブログを放置するようになりました。

「結局アクセス数を集めるには(人間の方を書いているふりをしながら)検索エンジンの方を向いて書いた方がよく、究極的には自分で記事を書かずアウトソーシングした方がいいんじゃないか、でもそれだとつまらないよね…」という気分がそうさせていた、というのがあります。この「究極的には◯◯だよね、でも自分はそれに対するやる気が出ないからいっそ全部やめる」というのは従来からある自分の思考の悪いクセです。

まあそんなどうでもいい内幕はさておき、等身大の自分に戻ってポツポツ書いてみるか、という気分になったので再開してみます。

このブログの大元の趣旨は「株式投資初心者ブログ」です。初心に帰って今までの投資成績というか戦歴(というほど大それたものでもない)を振り返ってみると、以下のようになります。

  • 株式投資実践期間 ... 2014/10 〜 2015/06 の8ヶ月
  • 元手 ... 50万〜100万
  • 株式投資による譲渡利益(税引後)... 43万6000円
  • 元手を100万とした場合の8ヶ月間の利回り ... 43.6%

いくつか説明がいるかと思うので補足しておくと、

  • 「元手」に変動があるのは最初に始めた時は出来るだけ少ない資金でトライし、その後で積み増しを行ったりしているため。該当時期で最も投入資金が多かった時期が100万くらい、ということ。
  • 上記の変動した元手を踏まえて、敢えて最も値が小さくなるように計算するため、利回り率については元手を「100万」として計算

という感じです。

「8ヶ月で43.6%」という数字にリアリティがない方もいるかと思いますが、「給料とは別に100万円が143万円になった」と言い換えれば「悪くないな」と感じるのではないでしょうか。

自分で言うのも何ですが、一般的な資産運用のパフォーマンスとしてはかなり高い数値を出せていると思います。このような成績を出せた要因としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. ビギナーズラック
  2. そもそも日本株全体 = 日経平均 が上がっている
  3. 出来るだけ損をしないような買い方をしている

上から順に影響力の大きそうなものを挙げています。「なんだお前がすごいわけでもなんでもないんじゃん」っていう話ですが、自分の能力だけで43.7%を叩き出せたと思うほど僕は傲慢ではないです。

(※ 気持ちが傲慢になってしまうと3番目の「できるだけ損をしないような買い方」に響きそうだから敢えて自分を戒めている、ということもあります)

その時々の「運」や相場全体の上下動は個人にはどうしようもない話なので、結局は3番目の「出来るだけ損をしないような買い方」のような制御可能な部分に力を入れるしかありません。

じゃあお前はそのために何か特別な努力をしているのか…と言われれば「別にそこまで特別なことはしていない」というのが答えになります。現在までに僕がしていることといえば、

  • Facebookで有名な投資家の方をフォローし、投稿をなめるように読む
    • 主にグローバルな経済指標、動向をフォローするため
  • サラリーマン投資家で有名な方のブログをなめるように読む
    • 銘柄の選び方、損をしない買い方の参考に
  • 全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦 を読み基礎を抑える
    • これは株式投資そのものの基礎を知るため
  • 投資先の会社の財務諸表などをしっかり読む
    • 当たり前ですが...
  • 投資後の銘柄の動向のフォロー
    • ジム・クレイマー言うところの「ホームワーク」

くらいです。これを見て「とても真似できないわ」と思う人は株式投資にはそもそも手を出さない方が無難かと思います。「なんだ大したことないな」と思える人はトライしてみてもいいかもしれません。

有名な投資家の方や、サラリーマン投資家ブログについては既にこのブログで触れているので特には繰り返しません。その程度のことも自分で手を動かして調べられない人はそもそも(以下略)ということです。