読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

IPOの抽選は全然当選しない = 儲からないという事実

スポンサーリンク

掲題の通りなのですが、ネット証券会社などで抽選の既にその銘柄の買える・買えないが決まるいわゆるIPO投資についてです。

結論から先に書いてしまうと、当選狙いのIPO投資は、面倒なだけなのでやめた方がいいです。

【IPO初値結果一覧表】騰落率、損益、その後の値動きなどチェックに-96ut.com

上記のようなサイトの公募価格および初値だけを見れば、「たいていのIPO銘柄は公募価格より上がっている。なので確率的にはIPO投資は普通の株式投資よりカタく儲かる」と思うのが当たり前だと思います。

ポンポン当選して実際に該当の銘柄が買えるならばその通りなのですが、実際にいくつかのネット証券に口座を開いて試してみた結果から言うと、「全然当選しない」というのが実情です。なのでいくら「IPOは(当選すれば)儲かる」というのが正しくとも、その前提となる当然の確率がそもそも低すぎるので、全然割りに合わない、というのが実情です。

特にデメリットもないのに「割に合わない」というのはおかしいんじゃないか、と思われるかもしれませんが、複数口座でのIPO投資には以下の様なデメリットがあります。

  • まず、単純に口座の管理が面倒である
  • 資金が分散するので、口座情報の共有を徹底しておかないといざという時(例:自分が死んだ時)に困る
  • 特定の銘柄のIPOに応募している間は、(これは証券会社にもよるかもしませんが)その分の投資資金が拘束される

特に3番目のデメリットは、「IPO儲かるよ」みたいなサイトに書かれてないことが多い。

仮に20万円の銘柄があり、それを5単位で応募するとしましょう。その時点で100万円、これを確立を上げるために3つの証券会社で応募する(これは本当は禁止されています)と、それだけで300万円。

これだけのお金が拘束されてしまうという時点で、そもそもある程度の余剰資産がないと「複数の口座に資金を分散してIPO当選の確率を高める」なんて絵に書いた餅だ、ということがお分かり頂けるかと思います。

「IPOって簡単に儲かるらしいよ〜」くらいの気持ちで始める人がまとまった資産を既に持っているケースは少ないと思います。なので、総じて言えばIPO投資は面倒なだけなのでやめた方がいいという結論になります。

なお、IPO投資をおすすめしているサイトの目的は大抵ネット証券のアフィリエイト(= そのサイト経由で口座を作るとサイト管理者にお金が入る)だと思います。

「利害のある他人が勧めてくる金融商品にいいものはない」というのは投資の鉄則ですが、誰かが何かを強くおすすめしているような場合は、その人がどういう動機でそれをおすすめしているかを一度考えてみた方がよいでしょう。

最新版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!

最新版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!