エンジニアがお金について本気出して考えてみた

株式投資や節約などについて書きます

転職サイト・エージェントのおすすめを晒してみる

スポンサーリンク

エンジニアの転職でベストなのは知人からの紹介、いわゆる人脈であるという話をよく聞きますが、当然ながら転職サイトやエージェント経由で転職する人の方が大多数だと思うので、個人的なおすすめをここに記しておきます。

なお、あらゆるサイトを比較・検討したものではないです。あくまで「自分が使ってみた」あるいは「自分が知っている」ものだけの比較なのでご了承下さい。

主に以下のような基準で僕は転職サイトや転職エージェントの良し悪しを判断しています。

  • キャリア面談時のこちらの話をちゃんと聞いているか
  • 転職案件のおすすめの仕方が適切か(数撃ちゃ当たる方式で何でもかんでもお勧めしてくるのはNG)
  • 企業との面接・面談などの手配が適切か
  • その他コミュニーケーション全般が気持ちよいか

堂々の第一位:Find Job!

www.find-job.net

たまたま担当の方がよかっただけかもしれませんが、上に挙げたどの条件もちゃんと満たしており、「何かおすすめの転職サイトない?」と聞かれたら一番目に挙げる転職サイトです。

Find Job!には企業からのスカウト(実際は企業から直接来ているのではなく、Find Job!の各担当者が送っているのだろうと思われる)機能があります。

スカウトは数撃ちゃ当たる方式でポンポン来るわけではなく、かといって全然来ないわけでもなく、登録後にいくつか来た案件はどれも「ちょっとだけなら見てみるか」と思えるものでした。完全に向こう側都合で何でもかんでも案件を出してくるサイトやエージェントも多い中、まさに絶妙の塩梅。

またスカウトとは別に「あなたにマッチした求人」というメールが送られてくるのですが、これも数日に一回なので頻度が丁度良く、かつメールも見やすく読んでみようという気になります。

エージェントの方とのキャリア面談も丁寧で、その後のコミュニーケーションも非常に親切で感心してしまう程でした。総合点でダントツのおすすめです。

スタートアップ、あるいはイケイケWeb系への転職向け:Wantedly

www.wantedly.com

Wantedlyは別にスタートアップ限定のサイトというわけでもなく大きめの規模の会社にも利用されていますが、いわゆるWeb系でイケイケの会社や小さめのスタートアップが多めに載っていると思えば間違いはないと思います。

Wantedlyの最大の特徴は「転職エージェントを間に介さない」ことです。企業との間にエージェントを挟んでやりとりするのは時間もかかるし、面倒なものです。Wantedlyでは企業に対して直接申し込みが可能で、また面談や面接などの日程調整なども企業と直接チャットでやりとりして決めることがあります。

企業と直接やり取りするという性質上、レスポンスの早さは企業ごとに異なります。申し込みをしたその日のうちにチャットで連絡をくれる企業もいれば、しばらく放置プレイになってしまうような企業もあります。

僕はWantedlyを使って転職を決めた経験はまだありませんが、転職活動時に使ってみた際の企業とのやり取りのスムーズさには感心しました。

便利だがインタフェースに難あり:Indeed

jp.indeed.com

最近CMをやっている、求人検索サイトです。Indeed自体はあくまで「求人検索エンジン」に徹しているので、登録するとエージェントから連絡が来る、とかそういったことはありません。あくまで、自分で条件を設定して求人を探すためのサイトです。いわば、Google検索の求人情報専用バージョンです。

試しに検索してみると、思ったよりも多くの企業が常に新しい求人を出していることが分かるかと思います。もちろん玉石混交かとは思いますが、各サイトが持っている案件の中から探す他の求人サイトと比べてインターネット全体を対象とした検索なので、引っかかる案件は多いです。案外掘り出し物があるかもしれません。

Indeedは機能自体はよく出来ていると思うのですが、なんだか親しみの感じられない、そっけない感じのサイトなのがあまり日本で広まらない理由なのかな、と個人的には思っています。また日本では(業界にもよりますが)未だに複数回の転職はメジャーでないので、そもそも広範囲から求人情報を検索したい、という需要がまだ高まっていないのかもしれません。

便利サイト:転職会議

jobtalk.jp

転職会議は、企業の口コミサイトです。登録してお金を払う、あるいは自分の会社に関する口コミを投稿することで他の人の口コミを見ることが出来ます。

当たり前ですが採用サイトなどで企業が「うちはこういう会社です」と掲載しているのはその会社のいい部分(と彼らが思っている部分)だけなので、実際にその会社で働いていた、あるいは現在も働いている人の口コミというのは貴重な情報です。

その会社がどういう文化で、またどういう人を求めているか、などを分析するために他の求人サイトの中の人も転職会議を参考にすることがあるそうです。

似たようなサイトに http://www.vorkers.com/ があります。

ダメ:キャリアトレック

www.careertrek.com

「メールを大量に送ればどれか引っかかるんじゃね?」と思っているのが丸見えです。「あなたの興味・関心を分析し、興味にあった案件をお届けしていく」と標榜していますが、まさに数撃ちゃ当たる方式の権化のようなサイトです。

とにかく多数の求人を知りたい、という方以外にはおすすめしません。

ダメダメ:Robert Walters Japan

www.robertwalters.co.jp

担当の方との面談時の印象は悪くなかったのですが、

  • 担当者以外のエージェントがあまり興味のない案件を五月雨式にお勧めしてくる、正直ちょっとうっとおしい
  • 担当者にあらかじめ「日中には電話をかけずにメールでお願いします」と伝えておいた、かつ「他のエージェントにも伝えておきます」と言っていたのに、会社にいる日中でも普通に電話がかかってくる

特に後者の印象が最悪でした。会社で働いている時間帯に転職関連の電話なんて誰も受けたくないし、するならするで事前にメールや他の手段でアポを取るのが普通でしょう。

その上今回は予め「日中お電話してもいいですか」「メール等でお願いします」というやりとりがあったにも関わらず日中の電話攻撃ですから、社内の情報伝達すら出来てないの?と思わせる仕事ぶりです。

あんまり偉そうなことが言える身分でもないですが、基本的な連絡も出来ないような会社とはお付き合いしないのが無難でしょう。